トップページ医療従事者 > 歯科技工士

歯科技工士 width=

technician    歯科医院での歯の治療では、歯が欠けたり抜けたりした部分を金属などでできた入れ歯や差し歯、詰め物で補います。こうした人工的な歯や詰め物を製作するのが、「歯科技工士」です。

 

  歯科技工士は、歯科医師の指示をもとに歯の詰め物やかぶせ、入れ歯やなどを作りますが、歯科衛生士との一番大きな違いは、歯科技工士は患者さんの口の中を触れることは出来ないということです(法律で禁止されています)。

ですから歯科医院で見かけることは少ないかもしれませんが、歯科医師にとっては無くてはならないパートナーなのです。


    歯科技工士になるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

   歯科技工士になるは、専門学校や短期大学など歯科専門の養成施設で2年以上勉強して、国家試験に合格なければなりません。

   岡山県下には歯科技工士を養成するための専門学校があります。歯科技工士を目指す方はぜひご覧ください。

 

Image2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   詳細は、「岡山歯科技工専門学院」のホームページをご覧ください。(→HPはこちら

 

「歯科医師の良きパートナーは歯科医師の手で育てよう」という、岡山市歯科医師会会員の情熱と責任感で昭和49年2月に創立されました。

 

 

Image3

 

   詳細は、「笠岡歯科技工専門学校」のホームページをご覧ください。(→HPはこちら

 

(財)仁和会が経営する笠岡病院の公益事業の一環として昭和40年に創設されました。運営・教育を笠岡支部が委託され、国民保健の向上を目指し現在にいたっています。

  • 医療従事者
    • 歯科衛生士
    • 歯科技工士
    • 歯科助手
もも丸アイランド
岡山県歯TV
お口・歯の健康フェア
家族の絆プロジェクト
県歯のマスコットキャラクタ「もも丸」
歯科医療従事者を目指す方へ