トップページ医療従事者 > 歯科衛生士

歯科衛生士 width=

  歯科医院で歯の治療を行う時、歯科医師とhygienistもう一人、女性が必ずいて歯科医師のサポートをしたり、歯の磨きかたを教えてもらったことを覚えていますか?このような口の健康を守る仕事をする女性を「歯科衛生士」といいます 。


  歯科衛生士は、専門学校や短期大学など歯科専門の養成施設で2年以上勉強して、国家試験に合格した資格の保有者です。

歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」をおもに業務として行ないます。

 

    歯科衛生士のお仕事

 

   「歯科診療補助」とは、歯科医師の指示によって医療行為をサポートすることで、
歯型をとったり、機器や器具の滅菌など、内容は多岐に渡ります。

   「歯科予防処置」とは、歯科の2大疾患、虫歯と歯周病の予防をするための行為で、
薬物(フッ素)の塗布や歯石の除去を指します。

   歯科保健指導」とは歯磨き指導や、食生活、健康管理など口腔衛生全般に関する
相談や機能訓練なども行います。


 

    歯科衛生士になるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

  岡山県歯科医師会では、「自分たちのパートナーである歯科衛生士は、自分たちの手で責任を持って育てよう」という理念の下に、「岡山県歯科医師会立 岡山高等歯科衛生専門学院」を運営しています。

Image1    学院は1959年(昭和34年)に岡山県下では最初に設立された歯科衛生士の専門教育機関で、2008年(平成20年)に創立50周年をむかえ、これまでに多くの卒業生が最前線で活躍しています。

 

  詳細は、「岡山高等歯科衛生専門学院」のホームページをご覧ください。(→HPはこちら

  • 医療従事者
    • 歯科衛生士
    • 歯科技工士
    • 歯科助手
もも丸アイランド
岡山県歯TV
お口・歯の健康フェア
家族の絆プロジェクト
県歯のマスコットキャラクタ「もも丸」
歯科医療従事者を目指す方へ