家族の絆プロジェクト

一般社団法人 岡山県歯科医師会

あなたの想いが絆になります

 東日本大震災における人的被害は死者15,889人、行方不明者2,594人との
警察発表(2015年1月9日警察庁広報資料)がありました。岡山県歯科医師会
では、この未曾有の大震災を風化させない為に自分たちの職業を通して何か貢献
できることはないかと模索しました。

 東日本大震災の身元確認作業では、口の中の状態と治療履歴を照合する歯科医師
の活動が大きな役割を果たした事をご存知でしょうか?

 しかし、被災による歯科医院からのカルテ流失により、患者情報の確保は困難を
極めました。この教訓をもとに、日頃より口腔内の情報をデータ化して本会に集約
し、予測し難い自然災害時に迅速で的確な身元確認作業を可能にする「家族の絆
プロジェクト」を2015年1月より実施しました。

岡山県歯科医師会会員の歯科医院、または地域歯科医師会の「家族の絆」イベント
会場に於いて、県下全会員でデータバンクを構築します。